Word Pressでバックアップをとる方法

Word Press
スポンサーリンク

サイト運営で怠ってはならないものの一つが
「バックアップ」

バックアップを取っていても
結局
今までにバックアップを必要とする不具合に
遭遇したことがない

という方もいると思います。

いわば
保険のようなものなので
まぁ
まだ大丈夫だろうと後回しにしている方もいるのではないでしょうか?

特に
知識がない私は
「難しそうだし、面倒くさそうだなぁ」

何かと億劫になりましたが。

いざ
取り組んでみると
ワードプレスでは
思っていた以上に簡単でした(^^)

というのも
バックアップを行うためのプラグインが存在していたので
ちょっとした設定だけでした。

スポンサーリンク

BackWPup

BackWPupは、
WordPressの全てのデータを、丸ごとバックアップできるプラグインです。

バックアップのタイミング(頻度や時期)を設定でき
定期的に自動バックアップを取れる機能も備わっています。

サーバー上にある全てのファイルとデータベースをバックアップできるので
サーバーで問題が発生したり
サイトの作成で、修復不可能なミスが発生した場合

などに
バックアップ時の状態に復元することができます。

無料版が存在し
バックアップ機能としては十分な機能が使えるので
今回はこのプラグインを使って紹介します。

スポンサーリンク

バックアップ方法

BackWPupのインストール

Word Press管理画面にて
「プラグイン」の項目内の【新規追加】をクリック

「プラグインを追加」ページが表示されるので

検索欄に[BackWPup]を入力

プラグインが表示されるので【今すぐインストール】をクリック

インストールが完了したら【有効化】をクリックし
有効化も完了させましょう。

自動バックアップの設定

「BackWPup」のインストールが完了すると
Word Press管理画面の項目に「BackWPup」が追加されています。

「BackWPup」項目内の【新規ジョブ追加】をクリック

設定画面が表示されます。

「一般」タブの設定

ジョブ名

今から作成するジョブの名称です。
設定内容がわかるような名称にしておきましょう。

今回は
「1週間ごとに、全体のバックアップを自動で行う内容で設定」する内容なので
「全体バックアップ(1週間)」としてみます。

ジョブタスク

バックアップする対象を指定します。

初期のまま
「データベースのバックアップ」
「ファイルのバックアップ」
「インストール済みプラグイン一覧」
の3つにチェックにチェック

アーカイブ名

バックアップとして書き出されるファイル名の設定です。
初期状態のままでOKです。

アーカイブ形式

バックアップファイルの圧縮形式を選択します。

OSの仕様によって
Windows:「Zip」
Mac       :「Tar BZip2」  で選択。

バックアップファイルの保存方法

バックアップファイルの保存場所を指定します。

「フォルダーへバックアップ」を選択します。

ログファイル

ログの送信先メールアドレス

バックアップのログが送信されるアドレスです。

初期状態でOKです。
ワードプレスの登録で使用したアドレスが入力されています。

メールの送信元

メール送信元の名称です。

デフォルトでOKです。

エラー

ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信します。

デフォルトでOK。
既にチェックが入っているはずです。

 

「一般」タブでの設定はここまでです。

ここで【変更を保存】をクリックし
いったん保存しておきましょう。

「スケジュール」タブの設定

 

ジョブスケジュール

 

 

ジョブの開始方法を選択します。

今回は自動バックアップの設定なので
「WordPress の cron」にチェックを入れます。

実行時間をスケジュール

自動バックアップを実行するタイミングを設定します。

前項にて
「WordPress の cron」にチェックを入れると
項目が展開されます。

スケジューラーの種類

デフォルトでOK。
「基本」にチェックを入れる。

スケジューラー

今回は
1週間に1回でのバックアップを設定するので
タイプ: 毎週[任意の曜日]
時間 : [任意の時間]
分  : [任意の分]

 

「スケジュール」 タブでの設定はここまでです。

ここで【変更を保存】をクリックし
いったん保存しておきましょう。

「DB バックアップ」タブの設定

データベースのバックアップの設定をします。

 

バックアップするテーブル

バックアップするテーブルを選択します。

デフォルトでOK。
全てにチェックがされているはずです。

バックアップファイル名

バックアップファイルの名称になります。

デフォルトでOK。
既に入力された名称で問題ないと思います。

バックアップファイルの圧縮

バックアップするファイルを圧縮するか否かの選択をします。

今後、記事数が増えていけば
当然、バックアップデータの容量も大きくなってゆきます。

「GZip」にチェックを入れ
圧縮する設定にしておきましょう。

「DB バックアップ」 タブでの設定はここまでです。

ここで【変更を保存】をクリックし
いったん保存しておきましょう。

「ファイル」タブの設定

ここでの設定の変更は基本的にはありません。

デフォルトでOKなので省略します。

「プラグイン」タブの設定

ここでの設定の変更も基本的にはありません。
デフォルトでOKなので省略します。

「宛先:フォルダ」タブの設定

バックアップを格納するフォルダー

サーバー上でバックアップファイルを格納するフォルダを設定します。

デフォルトでもOKではありますが
ファイルとデータベースを区別できる分かりやすい名前をつけておくと良いでしょう。

ファイルを削除

バックアップファイルを保持しておく個数を指定します。

ここも
デフォルトで問題はありません。

変更するした場合は
【変更を保存】をクリックしましょう。

スポンサーリンク

バックアップを【今すぐ実行】する

1週間に1回
自動でバックアップ設定は終わりました。

設定を完了した日と
バックアップ開始のタイミングの内容にもよりますが

もしもの時のために
とりあえず
今すぐバックアップをしておきましょう。

Word Press管理画面の
「BackWPup」項目内の【ジョブ】を開く

 

作成したジョブが一覧で表示されるので
実行したい内容のジョブにカーソルをもっていくと
コマンドが表示されます。

【今すぐ実行】をクリック

すると
バックアップが実行され

以上で
バックアップが完了です。

コメント