リーフ(ZAA-ZE1)とエンジン車の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本カテゴリーでの注意

初期型リーフ(ZAA-ZE0)との比較もできればと
ZAA-ZE0の記事に沿って記事を書いています。
そのため
タイトル・見出しが類似している
一部内容が重複している記事もあります。(新旧で特に進化が見られない点
初期型リーフ(ZAA-ZE0)の記事を見て頂いた方は
その点を留意して御覧下さいm(__)m

スポンサーリンク

ここで私が述べる違い

ここで私が述べる違いとは
一般的な消費者として
実際にリーフを使用して体感したエンジン車との違いを述べています。

なので、
技術的にや、構造的に等、学術的な違いは述べておりませんので
そういった疑問がある方はメーカーの方へお問い合わせをお願いします(笑)

それでは、
あくまで私の感じた項目ですが、挙げてゆくと

① 満充電での航続距離がかなり短い。

[]

② 充電時間がそこそこかかる。

[]

③ 夏と冬でバッテリーの持ちが全然違う(冬のエアコンは電力バカ食い)

[]

④ めっちゃ静か

[]

⑤ モーターなのでエンジンのようなギアチェンジ時の振動がなく、素直なリアクション。

[]

⑥ コーナリング◎(バッテリーの配置場所により重心が中心に近いため。とカタログにありましたが、これは結構体感できます。)

[]

⑦ 燃料費:少なくとも平均して毎月約5000~10000円得しています。(※毎月1000km以上走行する場合)

[]

⑧ ランニングコストが圧倒的に安い。

[]

⑨ 気になる項目が、燃料代から時間の使い方へ。

[]

⑩ さらに、思った以上に外出が増える。

[]

と比較しやすいように初期型の記載内容に添って記載していきます。

コメント