⑦燃料費(ZAA-ZE0)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リーフの燃費

電気自動車。
その名の通り、電気がこれの燃料となる。
自動車購入の際、要求される項目の1つとして「燃費」を重視される方は少なくないと思います。
今までであれば、燃費は1リッターに対し何キロ走行できるか
で、燃料費にどれだけの差が生じるかを計算しました。
※このページでの計算に使用した値は、2015年10月時点の計算です。
ところが、電気自動車となるとバッテリー容量が24kWh(新型:30kWh)航続距離が120㎞よって、1kWhに対し5㎞走行できる…
でそれ燃費良いの!?悪いの!?
っとなると思います。
なのでここでは、電気自動車の燃費について説明してまいります。
なお、我が家が実際にどれくらいの燃料費削減に成功したか
それらの記事はページ上部の「ブログ」を確認して頂ければ確認できます。
参考になれば。

スポンサーリンク

燃料費のかかり方

先にも記した通り、リーフの燃料は「電気」である。
リーフの充電方法は、
①自宅に普通充電器のコネクタを設置して、自宅で充電。(工事費:95,000円)
②日産ゼロ・エミッションサポートプログラムの会員(会費:月額3,240円)となり、 全国に設置されている充電スポット(急速充電・普通充電)にて充電。
この2つです。
①については、車体を購入時に、設置するかどうかを問われます。
ちなみに、この工事が可能なのは戸建て住宅のみとなります。マンションにお住いの方は、その形態から、設置費用が50万ほどかかったりします。
なので、これは戸建てにお住いの方のみ適用されますが、
仮に、自宅で充電設備を設置した場合初期費用として102,600円の費用を要した上で、その後、自宅で充電するたびに電気使用料金が発生します。
したがって、皆さんの電気料金の契約プラン、時間帯、充電時間(電力使用量)によって費用は大きく変動します。
では、具体的に数字を当てはめてみましょう。
我が家の契約プランは、1kWhあたり  7~ 23時:29円 23 ~ 7時:11円     となっており、基本夜間での充電である。
仮に、夜間23時~7時の間に、0%から100%に充電したとすれば
24kWh × 11円 = 246円   ということになり、
逆に、昼間に同様の充電をした場合は、
24kWh × 29円 = 696円   となる。
当初、CMでリーフの充電にかかる費用がコーヒー一杯分(約300円)と言われていたのは、電気料金の割安な時間帯を活用した場合なので注意してください。
とはいえ、一般的には、図らずとも夜間の充電になると思われます。
②については、日産によるサポートサービスに入会し、全国の日産ディーラー及び、全国の充電スポットの設備で充電する方法です。
会費として、月額:3,240円必要となりますが、全国の急速充電スポットで充電がし放題となります。
私の感覚で言えば、リーフを最大限に活用するためには、このサポートへの入会は必須と考えます。理由は、後ほど明らかになるかと。

スポンサーリンク

1㎞あたりの燃料費

上記のことを踏まえて、具体的に考えてみましょう。
比較しやすいようにここでは1㎞走行するのにいくら必要なのかで比較します。
・ガソリン車の場合 1Lに対しおよそ15㎞走行。 ガソリンの値段が120円/L。  と仮定すると。 120円 ÷ 15㎞ = 8円   となり、
1㎞走行するのに8円の費用が必要になると言えます。
・リーフの場合
上記①の方法で⑴夜間充電した場合(246円)⑵昼間充電した場合(696円) をそれぞれ計算すると 満充電にして0%になるまで100㎞走行できたならば、 ⑴246円 ÷ 100㎞ ≒ 2.5円 ⑵696円 ÷ 100㎞ ≒ 7円    となり
1㎞走行するのに⑴2.5円、⑵7円の費用が必要になると言えます。
よって、毎回自宅で充電する場合はガソリン車と同様、充電毎に燃料費が発生することとなりますが、夜間の割安な時間帯を活用すれば、 ガソリン車に比べて1/3程度の費用ですむこととなるのです。
さて、特に注目して頂きたいのはここからです!
上記②の方法では定額で充電し放題ということなので、走行距離が伸びるほど出費がかさむガソリン車とは相反し、 走行距離がどれだけ伸びようとも、出費は変わりません。
なので、走れば走るほど1㎞走行するためにかかる費用は減少していくこととなり、我が家の様に月2000㎞程度走行する場合は、3,240円 ÷ 2000㎞ ≒ 1.6円    となり、
1㎞走行するのに、わずか1.6円とコストは大幅に減少する。
※逆に、(1Lに対しおよそ15㎞走行できる車。ガソリンの値段が120円/Lで計算)3240円 ÷ 8円(ガソリン車の1㎞走行する必要な費用) = 405㎞となり、月の走行距離が405㎞以下だと、ガソリン車より月の燃費が多く発生したこととなるので日常でさほど車に乗らない方は注意して下さい。

スポンサーリンク

我が家の実績

せっかくなので、我が家の実績を報告させて頂くと…
2015年の1年間の総走行距離は27,589㎞でした。
上記同様、比較するガソリン車の燃費を15㎞/Lレギュラーガソリンとし燃料価格を120円/Lとして計算すると…
一年間で27,589㎞ ÷ 15㎞ × 120円 ≒ 220,712円 月間で220,712円 ÷ 12ヶ月 ≒ 18,392円
これに対しリーフのゼロエミッション・プログラム会費が(諸事情により我が家は会費3000円)月額 3000円年間 36000円自宅で充電した場合はその都度費用が+αとなりますが我が家では自宅で充電するに至っていないので
よって年間220,712円 - 36000円 = 184.712円 月間184,712円 ÷ 12ヶ月 ≒ 15,392円
金額にこれだけの差がありました。この数字をどう捉えるかはそれぞれですが、私は非常に満足しております。
私にとって年間18万円という金額は、非常に大きいですね。
年間18万円…
貯金すると考えるもよし!その分生活を贅沢にするもよし!
※このページでの計算に使用した値は、2015年10月時点の計算です。

コメント