②充電時間がそこそこかかる(ZAA-ZE0)

避けては通れぬ充電時間

充電時間…
電気自動車を検討するにあたって避けては通れないものの一つです。
今までの自動車が給油に要する時間というのは、遅くても3~5分といったところでしょうか。
これに対しリーフは、急速充電器を使用して0%から80%まで充電するのに
25~30分の時間を要します!
さすがにそこそこかかりますよね(笑)
充電スポットに関しては急速充電器が設置されている場所も数年前に比べるとかなり増えました。
とは言え
目的地に充電スポットがあるわけでもなく、ガソリンスタンドのように経路の途中にいくつも点在しているわけでもないので電気自動車を初めて検討される方にとっては、充電スポットまでわざわざ出向いてかつ、時間が20~30分拘束されるという感じになってしまうのが現状でしょう。
なので・節約するために、ある程度時間を拘束されることをいとわなく感じれる方・充電時間を読書や仕事・プライベートのちょっとした作業等に上手く活用できる方
こういった方々にリーフは特にぴったりなのではないかと私は感じています。
逆にせっかちな方にとっては、節約効果が見込めたとしてもガソリン車と比較しての不便さから、節約効果もメリットに感じれないほどただのストレスにしかならいというケースもあるのでリーフはお勧めできないのかもしれません。

必ずしも30分拘束されるわけではない

リーフの充電に時間がかかるとはいえ、
必ず毎回25~30分の時間を要するわけではありません。
0%から80%までの充電に30分ほど要するということです。
そもそも、
0%にならないと充電してはいけないというルールなどないわけですから
わざわざ使い切るまで待たず
都合が良い時間を使って充電しといてやれば
40%から80%までだと15分程度で充電できるということになります。
なので仮に通勤で往復30%使用する方ならわざわざ3日走行し、10%から30分かけて充電しなくても
2日おきに15分程度の時間充電をしてやれば十分という可能性もあるのです。

時には充電待ちも

インフラ整備が進み、充電スポットが大幅に増えているとは言え
リーフユーザーも同様に増えてきているのを感じます。
私が住んでいる市でも
当時はリーフとすれ違うことは年に数回あるかないかでしたが
今では毎週見かけるほどになりました。
こうなると当然起こってしまうのが充電待ちという状況です。
ただでさえ時間がかかるのに
この状況に遭遇するとなおさらストレスにはなりますね(笑)
リーフのカーナビで充電スポットの使用状況がリアルタイムで確認できたり充電器自体の性能を上げ、80%までの充電完了時間5分を目指すなど研究開発を進めているようですが
現時点ではこれに関しては防ぎようがありません。
なので、リーフの購入を検討される方は、十分にこのことを考慮しておいて下さい。

充電を制したものがリーフを制す

先に述べたように
充電に費やす時間というのは短縮はできません。
なので、
不測の事態がいつ来ても大丈夫なように
50%程でも充電スポットが空いているなら充電し10~15分で終了する。
というような、
短時間の充電で済むように、空いているときに積極的に充電するのも一つの方法かと思います。
充電の戦略に関しては
居住地近辺のインフラ環境や土地柄にもよります。、
是非、考えてみて下さい。
こういうプランを考えるのにハマっていく方もいらっしゃるみたいです(笑)

コメント